FXトレードで意識しながら稼ぐ情報サイトsbobzik

- 取引を検証して時給いくらなのかを意識する

新着情報

◆2015/10/09
取引を検証して時給いくらなのかを意識するの情報を更新しました。
◆2013/12/30
管理運営者プロフィールの情報を更新しました。
◆2013/12/30
サイトに関するお問い合わせを新規投稿しました。
◆2013/12/30
船の穴からの浸水とFXの関係の情報を更新しました。
◆2013/12/30
損切りとゴールデンウィークの関係を示すデータの情報を更新しました。

取引を検証して時給いくらなのかを意識する

サラリーマンの皆様には、幾つか口癖があります。その1つは「時給に直すと幾ら」という一言です。これには主に2つの含みがあります。
1つ目はかなり長時間に渡って会社で働いており、それに見合った給料が支払われてない時です。例えば月間300時間ぐらい働いていて、月収が20万円だとします。その場合、単純計算で666円になるのですが。
つまり「労力に見合わない時給で割に合わない」という、ちょっとネガティブな発言です。
もう一つは時給と働きぶりの問題です。「あなたの働きぶりはせいぜい時給800円」という時などは、時給に見合った働きぶりを発揮していない時などに用いられます。
まあどちらも余りポジティブな響きではありませんが、現実にこれらの含みの言葉を耳にされた方も多いのではないでしょうか。
次にFXの利益と時間を考えてみます。まず今までFXの取引に費やした時間と、それによって得た利益を計算してみましょう。果たしてそれは時給いくらでしょうか。
つまり、それが今が取引によって得ている生産性なのです。費やした時間に見合った利益が発生していないのなら、ちょっと売買手法の見直しなども必要では無いかなと思います。
FXはある意味労働とも言えます。上記の話に照らしあわせて、今の取引が果たして割に合っているのかを考えてみる事も必要かなと思います。
必死になっているのに結果が出ないなら、それは空回りに過ぎないのです。時間と生産性の意識を持つ事も重要だと思います。

クイック入金と呼ばれるシステム

小切手というお金をご存知の方も多いと思います。一応改めて説明をしておくと、お金を払うという事を約束する証書の事です。
例えばタクシーチケットなどは、その一例と言えます。会社によっては、指定の場所までタクシーで送ってくれる事もあります。タクシー料金は、会社が経費で負担をしてくれるのです。
ただし現金でやり取りをしてしまうと、後で色々と面倒な手続きが発生します。その手間を少しでも省くために、タクシーに乗る従業員にタクシーチケットが渡されます。
タクシーに料金を支払う時に、ボールペンで支払い料金を書くだけで良いのです。そうすれば後日会社の経費でタクシー料金が精算されるのです。
書くだけでお金を支払えるので、非常に手軽なシステムと言えます。お釣りのやり取りも無いので、色々と楽ですね。
この小切手というシステムは、さり気なくFXにも採用されているものです。それはクイック入金です。
自分の銀行口座からバイナリーオプションの事ならエフイーサーが指定する口座に振り込む時には、必ず支払い金額を入力する事となります。それはまさに、タクシーに料金を支払う時にボールペンで支払い金額を書く時と似ています。
まあタクシーチケットでもクイック入金でも、お金を負担する事は共通しているのですが。どちらにしても手続きが手軽になる事は確実です。
ただし、手軽に支払えるという事はバイナリーオプションの事ならエフイーサーでもリスクを拡大させる危険もあります。
自分の銀行口座に100万円あるのなら、クイック入金時に100万と入力するだけで全財産を突っ込むのと同じ事になるからです。
便利な半面、リスクが有る事だけは忘れないようにしたいものですね。

FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ